友を想う詩! 渡し場
近代日本の万能人
榎本武揚 1836-1908
新設:2020-08-04
更新:      

近代日本随一の国際人 没百年記念出版
 近代日本の万能人・榎本武揚
1836-1908

 
榎本隆充・高成田享

2008年4月30日 藤原書店 刊

ISBN 978-4-89434-623-9
定価 (本体 3300円+税)
『近代日本の万能人・榎本武揚』表紙

榎本武揚(たけあき/ぶよう)について どのようなイメージを持っておられますか? 恐らく 多くの方が本書を読むと 榎本武揚に対するイメージが大幅に変わると思います。

この本は、榎本武揚の没百年を記念して 豪華な執筆陣を揃え 榎本武揚の業績再評価を願って、出版されました。

先ずは下掲の目次をご覧いただき 次に実際に本書を手に取ってお読み下さい。

編者・榎本隆充(えのもと たかみつ)は1935年生で榎本武揚の曾孫、 本書出版時(2008年)に、東京農業大学客員教授、武蔵野大学特別講師、梁川会会長、開陽丸子孫の会会長、(株)榎本光学研究所代表取締役、『榎本武揚未公開書簡集』『榎本武揚の妻榎本多津』ほか著書多数

編者・高成田享の略歴はコチラからご覧下さい
『近代日本の万能人・榎本武揚』裏表紙より
目 次

……榎本武揚没百年を記念して

Ⅰ 今、何故榎本武揚か……その全体像
座談会 今、何故榎本武揚か
[問題提起]
「痩我慢の説」の誤解…………………………………………………………加藤 寛
一徹な技術者魂の快男児……………………………………………………山本明夫
知性と地政を押さえる………………………………………………………速水 融
空理空論を好まないプラグマティズム……………………………………佐藤 優
コメンテーター 臼井隆一郎/中山昇一/榎本隆充
司会 高成田享
[討論]
◇榎本武揚の外航とは◇
大陸侵略ではない南方への物の見方/交渉の感覚を瞬時につかむ/交渉術以前の人間的な魅力
◇経済思想◇
理想を持った現実主義者/殖産興業の芽を残す
◇殖民論◇
北進の時代に環太平洋を意識/イデオロギーという壁にぶつかる
◇人物論◇
自分の能力は国のために尽くす/シャイだが頼りになる江戸っ子気質/目的のないことはしない/生き方、考え方が一つの教科書
[特別講演]
グローカリズムの実践者……360度方位に対応できる存在……………童門冬二
「痩我慢の説」に対する反論…権謀術策を用いず自ら信ずる処を行く…稲木靜惠
[コラム]
高成田享 江戸っ子たちのヒーロー………………新聞が報じた榎本武揚

Ⅱ 外 交
地球一丸化時代に生きる………開国と国際法……………………………… 臼井隆一郎
初めて日本を「対等な交渉者」に………樺太・千島交換条約の舞台裏………下斗米伸夫
「恐露病」の克服 ………『シベリア日記』の目的と評価…………………… 木村 汎
太平洋を越えた情熱………メキシコに日系移住の道を拓く………………… 山本厚子
[コラム]
吉岡 学  オランダ留学時代………………軍事科学と殖産興業
吉岡 学  蘭学から洋学へ…………………イギリス旅行が示す学問基盤の変容
小美濃清明 英語・英学事始め……………… 大鳥圭介との出会いより

Ⅲ 内 政
東京農大の産みの親………農業観と農業教育……………………………… 松田藤四郎
世界レベルの仕事をしたエンジニア………殖産興業・産業立国構想…………中山昇一
雄弁に、そして寡黙にした北の大地………箱館戦争と開拓使時代……………佐藤智雄
日本地質学会の先達………学理と技芸の狭間で……………………………… 吉岡 学
[コラム]
中山昇一 共感・支持者がつないだ学びの場…… 電気学会榎本図書館
森山行輝 石巻決戦の回避…………………………豪商・毛利屋利兵衛の活躍
吉岡 学 隕石研究への貢献………………………「流星刀記事」より

Ⅳ 榎本武揚をめぐる人々
ブチャーチン(1803-1883)とポシエット(1819-1899)……
                 卓越した外交手腕支えた知日派………中村喜和
カッテンディーケ(1816-1866)……優れた品性と絶大な熱心さを評価……岩下哲典
堀利煕(1818-1860)…………蝦夷地との縁結ぶ………………………………近江幸雄
清水次郎長(1820-1893)……咎めを恐れず部下を弔った恩人………………田口英爾
勝海舟(1823-1899)…………胸襟開いて語り合った仲も維新後は疎遠に…進藤咲子
李鴻章(1823-1901)…………「瀬戸際外交」を展開した好敵手………………栗田尚弥
中浜万次郎(1827-1898)……中浜塾が生涯の友と出会う場に……………小美濃清明
西 周(1829-1897)…………近くにいるものの活躍の場異なる……………小泉 仰
ポンペ(1829-1908)…………化学の魅力教えた恩師…………………………芝 哲夫
松本良順(1832-1908)……武揚の妻多津の叔父で、西欧式衛生の先駆者… 酒井シズ
大鳥圭介(1833-1911)………徒に死ぬのはよそう、と降伏を主張………… 福本 龍
福澤諭吉(1835-1901)………同時代を生き、それぞれの道で活躍………… 寺崎 修
ブリュネ(1838-1911)………蝦夷共和国を支援し共に戦う…………………関口昭平
黒田清隆(1840-1900)………榎本を救い、榎本に支えられた男…………… 合田一道
安藤太郎(1846-1924)………箱館で共に戦い、明治政府でも活躍………… 釣 洋一
林 董(1850-1913)…………五稜郭で仲間を見捨てなかった………………酒井シズ

[附]
榎本武揚小伝
榎本武揚年譜(1836-1922)
榎本家系図/佐藤家系図
榎本公使帰国の旅要図
榎本武揚関連文献一覧
執筆者紹介