友を想う詩! 渡し場
友を想う詩! 渡し場
「渡し」にはドラマがあった
新設:2022-01-08
 

「渡し」にはドラマがあった
ウーラントの詩 レーヴェの曲をめぐって


ウーラント同“窓”会 [編]
2022年1月14日
荒蝦夷(あらえみし:仙台市) 刊

ISBN978-4-904863-75-6
定価 (本体 2200円+税)

目次を下掲
表紙

ドイツの詩人ルートヴィヒ・ウーラントが1823年につくった24行の詩「渡し場」をめぐって、さまざまなドラマが日本で展開しました。この詩は、ウーラントと同時代の作曲家、カール・レーヴェによって作曲されていて、この歌曲の日本での演奏をめぐってもドラマがありました。 この記録は、次の世代の人たちがこの詩や曲を語り継ぎ、歌い継ぐときの道しるべになると、私たちは期待しています。
 ウーラント同“窓”会一同 (あとがきより抜粋)

この本の購入方法

出版元・荒蝦夷のWebサイトの「取扱店一覧」に掲げられた書店から取り寄せにて注文すると、送料と支払手数料が無料となります。
取扱ネット書店は「honto」で、送料を含めた先払いとなり、支払手数料は購入者負担です。

裏表紙
目 次

「渡し場」関連地図…………………………………………………………………  4
はじめに……………………………………………………………………高成田享  5
「渡し場」原詩と訳詩/小出健・猪間驥一………………………………………  10
ホーフェンの渡し場跡/釜澤克彦…………………………………………………  12
第1章 ルートヴィヒ・ウーラントと「渡し場」              17
 1 「渡し場」の詩人、ルートヴィヒ・ウーラント………………釜澤克彦  18
 2 ウーラント探しのドイツ紀行……………………………………松田昌幸  39
第2章 日本でのドラマ                         45
 1 日本における「渡し場」の伝播と受容―1956年9月まで― 中村喜一  46
 2 友を憶う詩「渡し場」をめぐって………………………………北原文雄  54
第3章 投書がつくったドラマ                      61
 1 猪間驥一の投書とその波紋………………………………………丸山明好  62
 2 父、猪間驥一のこと………………………………………………菅原春枝  76
 3 記事資料室…………………………………………………………高成田享  78
第4章 カール・レーヴェと「渡し」                   99
 1 楽譜と音源を求めて………………………………………………中村喜一 100
 2 カール・レーヴェとウーラントの「渡し」…………………佐藤征一郎 109
第5章 それぞれの想い                        125
 #1 「渡し」にはドラマがあった…………………………………松田昌幸 126
 #2 「渡し場」と共に65年…………………………………………中村喜一 135
 #3 「渡し場」を語り継ぐ…………………………………………北原文雄 139
 #4 詩的な人たち……………………………………………………釜澤克彦 145
 #5 終生「渡し場」の心を持ち続けた入村玲子…………………丸山明好 148
 #6 「猪間、シッカリしろよ!」………………………………和田みき子 153
 #7 榎本武揚と猪間驥一……………………………………………中山昇一 156
 #8 思いつくままに・雑感……………………………小谷慈明・小谷優子 158
 #9 ご縁・伝承・お蔭さま…………………………………………志田芳久 163
 #10 友に献じた「渡し場」…………………………………………上野昌宏 172
 #11 時空を超えためぐり合い………………………………………高成田享 173
巻末資料……………………………………………………………………………… 176
あとがき……………………………………………………………………………… 197
「渡し場」年譜……………………………………………………………………… 198