按針亭
友を想う詩!
新設 : 2012-10-14
更新 : 2016-03-18
友を想う詩! ウーラント原作「渡し場」
口語体訳詩
原詩の口語体訳詩として、猪間驥一が訳した 4つの作品を紹介する。
なお、原文に付されたルビは、「詞」の後の( )内に 小さな文字で示す。


本ページ内 menu


口語体訳詩(その1)

渡し場で

原作 : ルードウィッヒ・ウーラント (1787-1862)
訳詩 : 猪間驥一 (1896-1969)

いく年(ねん)前か この川を
一度(いちど)わたった ことがある
いまも堰(せき)には 水どよみ
入り日に城は 影(かげ)をひく

この小舟(こぶね)には あの時は
わたしと二人(ふたり)の つれがいた
お父(とう)さんにも 似た友と
希望(のぞみ)に燃えた 若いのと

一人は静かに はたらいて
人に知られず 世を去った
もう一人のは いさましく
いくさの庭で 散華(さんげ)した

しあわせだった そのむかし
(しの)べば死の手に うばわれた
だいじな友の 亡いあとの
さびしい思いが 胸にしむ

だが友達を 結ぶのは
たましい同士の ふれ合いだ
あの時むすんだ たましいの
  きづながなんで 解(と)けようぞ

渡し賃だよ 船頭さん
三人分(さんにんぶん)を 取っとくれ
わたしと一緒に 二人(ふたあり)
みたまも川を 越えたのだ

【出典】
猪間驥一著「人生の渡し場」12~13頁
昭和32年(1957)7月三芽書房刊

口語体訳詩(その2)

渡し場にて

原作 : ルードウィッヒ・ウーラント (1787-1862)
訳詩 : 猪間驥一 (1896-1969)

いく年まえか この川を
いち度わたった ことがある
堰にはいまも 水どよみ
お城は夕日に 照りはえる

この小舟には あのときは
わたしと二人の つれがいた
おとうさんにも にた友と
のぞみに燃えた 若いのと

ひとりは静かに はたらいて
人に知られず 世を去った
もうひとりのは いさましく
いくさの庭に 散華した

しあわせだった そのむかし
しのべば死の手に うばわれた
やさしい友の 亡いあとの
さびしい思いが 胸にしむ

だが、友と友 むすぶのは
たましい同士の ふれあいだ
あの時むすんだ たましいの
  きづながなんで 解けようぞ

渡し賃だよ 船頭さん
三人分を とっとくれ
わたしと一緒に ふたありの
みたまも川を 越えたのだ

【出典】
猪間驥一筆
「『渡し場の歌』物語 24行の詩に美しい曲がつくまで」
雑誌「文芸春秋」昭和38年5月号274~280頁
昭和38年(1963)5月 文藝春秋社刊

このページのメニューに戻る        このページのトップへ戻る



口語体訳詩(その3)

渡し場にて

原作 : ルードウィッヒ・ウーラント (1787-1862)
訳詩 : 猪間驥一 (1896-1969)

いく年(とせ)まえか この川を
いち度わたった ことがある
(せき)にはいまも 水どよみ
お城は夕日に 照り映える

この小(お)(ぶね)には あのときは
一緒(いっしょ)に二人(ふたり)の 友がいた
おとうさんにも にた友と
望みに燃える 若いのと

ひとりはしずかに はたらいて
人に知られず 世を去った
もうひとりのは いさましく
いくさの庭に 散華(さんげ)した

しあわせだった そのむかし
しのべば死の手に うばわれた
やさしい友の 亡いあとの
さびしい思いが 胸にしむ

だが、友と友 むすぶのは
たましい同士の ふれあいだ
あの時むすんだ たましいの
きづながなんで 解けようぞ

渡し賃だよ 船頭さん
三人分を とっとくれ
わたしと一緒に ふたありの
みたまも川を 越えたのだ

【出典】
猪間驥一著「なつかしい歌の物語」128~129頁
昭和42年(1967)7月 音楽之友社刊

口語体訳詩(その4)

渡し場で

原作 : ルードウィッヒ・ウーラント (1787-1862)
訳詩 : 猪間驥一 (1896-1969)

お城に夕日映(は)
(せき)には波さわぎ
むかし越えた日と
かわらぬこの川

あのときこの舟に
二人(ふたり)の友がいた
あふれる若さのと
父ともしたうのと

ひとりはつつましく
暮らしてこの世去り
ひとりはいさましく
いくさに倒(たお)れた

よろこびみちみちた
あの頃おもえば
ひとり旅をゆく
さびしさ身にしむ

とはいえ心を
むすんだきづなは
死の手も絶ち切る
  ちからをもたない

船頭さん、とっとくれ
船ちん、三人分
わたしのほかになお
ふたりがいたのだ

【出典】
猪間驥一著「なつかしい歌の物語」150~151頁
昭和42年(1967)7月 音楽之友社刊
【注】
この訳詩は、ハイデルブルクの音楽家「テオドール・ハウスマン」が原詩に作曲した譜面で歌えるように、七五調でなく一節を四、八、三十二文字に訳し直したもの。「文芸春秋」掲載記事で協力を申し出た高山幸生と半年かけて意見交換を手紙で続け、難しく満足するものではないが、ハウスマンに報告するため、まとめたものという。

このページのメニューに戻る        このページのトップへ戻る


<<参考>>
               友を想う詩
文語体訳詩

渡し場

原作 : ルードウィッヒ・ウーラント (1787-1862) 
共訳 : 猪間驥一 (1896-1969) ・ 小出健 (1928- )

(とし)流れけり この川を
ひとたび越えし その日より
入り日に映(は)ゆる 岸の城
(せき)に乱るる 水の声

同じ小舟(おぶね)の 旅人は
二人の友と われなりき
一人はおもわ 父に似て
若きは希望(のぞみ)に 燃えたりき

一人は静けく 世にありて
静けきさまに 世をさりつ
若きは嵐の なかに生き
嵐のなかに 身を果てぬ

(さち)多かりし そのかみを
しのべば死の手に うばわれし
いとしき友の 亡きあとの
さびしさ胸に せまるかな

さあれ友垣(ともがき) 結(ゆ)うすべは
(たま)と霊との 語(かた)らいぞ
かの日の霊の 語らいに
(むす)びしきづな 解(と)けめやも

受けよ舟人(ふなびと) 舟代(ふなしろ)
受けよ三人(みたり)の 舟代を
二人の霊(たま)と うち連(つ)れて
ふたたび越えぬ この川を

【出典】
「週刊朝日」昭和31年(1956)10月7日号の67頁に掲載された猪間驥一・小出健共訳詩のうち、誤植と思われる箇所を、猪間驥一著「人生の渡し場」昭和32年(1957)三芽書房刊の12~13頁掲載の改題訳詩「渡し場にて」を基に修正し、ルビを若干増やしたもの。

原詩

Auf der Überfahrt

Ludwig Uhland  (1787-1862)


Über diesen Strom, vor Jahren,
Bin ich einmal schon gefahren.
Hier die Burg im Abendschimmer,
Drüben rauscht das Wehr wie immer.

Und von diesem Kahn umschlossen
Waren mit mir zween Genossen:
Ach ! ein Freund, ein vatergleicher,
Und ein junger, hoffnungsreicher.

Jener wirkte still hienieden,
Und so ist er auch geschieden.
Dieser, brausend vor uns allen,
Ist in Kampf und Sturm gefallen.

So, wenn ich vergangner Tage,
Glücklicher, zu denken wage,
Muss ich stets Genossen missen,
Teure, die der Tod entrissen.

Doch, was alle Freundschaft bindet,
Ist, wenn Geist zu Geist sich findet;
Geistig waren jene Stunden,
Geistern bin ich noch verbunden.---

Nimm nur, Fährmann, nimm die Miete,
Die ich gerne dreifach biete !
Zween, die mit mir überfuhren,
Waren geistige Naturen.

【出典】
猪間驥一著「人生の渡し場」10頁
昭和32年(1957)三芽書房刊




このページのメニューに戻る        このページのトップへ戻る